マーケティングオートメーションとは何か

ビジネスの世界では横文字やカタカナ言葉がよく使われているのですが、最近、マーケティングオートメーションという言葉もよく聞くようになりました。このマーケティングオートメーションという言葉はどういう意味なのかというと、マーケティングのプロセスの中で、実際に実行するべき作業を自動化し、より効率よく業務が出来るようにすることを指します。

MAと表現されることも多いマーケティングオートメーションは、膨大な時間と手間がかかる作業をオートメーション化する事で、より効率よく業務を行っていくアイテムともいえます。顧客と企業がコミュニケーションをとるために利用するメールなどについては、膨大な数があり、これをデータ化する場合、年齢、地域、プラットフォームなどを分別し、そこからデータを作るという作業が必要で、かなりの時間を要しますし、人材も必要、煩雑な作業をこなさなくてはなりません。

しかしこのプロセスを自動化できれば、余計な時間をかけることも、多くの人を要する事も必要なくなり、業務におけるコストカットにもつながるのです。

営業などの分野では、既存客の把握や、新規顧客の開発など、営業活動のためにデータが必要となります。またアポの管理やスケジュール、またリスト、編集など、通常の営業業務よりも、裏作業の方がずっと大変という事もあるのです。営業分野などでは、かなりマーケティングオートメーションがモノを言っていることもあり多くの企業が注目するツールとなっています。

当サイトは、マーケティングオートメーションをアメリカではどのようにとらえているのか?という事を紹介します。当サイトがマーケティングオートメーションの理解へ少しでも役立つことが出来れば幸いです。