効率よく利用するために

現在では、日本でも少しずつマーケティングオートメーションを利用するという企業が出てきて、上手く活用できるところまで来ているという所もあります。この先、知名度やシェアに関しても広がっていくと想定されますが、まだまだアメリカと比較すると、認知度も活用範囲も狭いと案じます。

現代、アメリカはマーケティングオートメーションを利用している企業が多く、利用していない企業の比較では、2倍以上がマーケティングオートメーションを利用しており、また、利用してからのマーケティング活動については、業務の効率化も2倍以上の成績となっているといいます。多くの企業がマーケティングオートメーションのツールの利用が業務にプラスになっていると感じ、利用していない企業でも、6割の企業が、この先導入予定としています。

もちろんマーケティングオートメーションのツールを導入するだけでは、上手く活用する事が出来ません。内容を把握し、自分の企業でどのように活用できるかをしっかり考える必用があるのです。アメリカの企業でも、目的意識をもってツールを利用する事で業績の向上につながっています。日本もこの先、さらにマーケティングオートメーションツールを利用する企業が多くなっていくと想定されますが、より効率のいい業務となるように、内容と自社業務へ活かし方をよく考えていただきたいです。

アメリカのマーケティングオートメーションの目的

日本の場合、マーケティングオートメーションの目的は、マーケティング活動の最適化と以下、顧客へのアプローチ、見込み客へのアプローチやコストダウン、高いリード熟成という部分です。アメリカではマーケティングオートメーションをどう利用しようと考えているのかというと、多くの企業が、獲得したリードをセグメントごとの管理に役立てる、マーケティングの業務効率の向上、リードの質を向上させるといった点です。

日本の企業はマーケティングオートメーションのメリットとして、マーケティング業務の面倒な部分、時間のかかる部分を効率化できるという点で、手間やコストがかかりすぎるマーケティングについて有効活用できると考えています。

アメリカでは、もちろんマーケティングの効率化がありますが、見込み客の管理、獲得という点についてもマーケティングオートメーションの有効性を感じていて、特徴的なのは、売るため、販売のための施策全般に利用するという事が主軸で、見込み客の確保という部分については、別の活動として捉えている点です。目的も利用価値も日本とアメリカでは認識に差があるという事がわかります。

日本ではマーケティングオートメーションを知っているという所が少ないという点もあり、総合的にどのような目的で利用できるのか模索中という感じもあります。

認知度の差が大きい

ウェブの世界、と国マーケティングの世界では、新しい技術などもどんどん取り入れられていて、その多くがアメリカで生まれています。日本でもマーケティングオートメーションは、非常に注目されているのですが、アメリアでは既に当たり前のようにマーケティングオートメーションが利用されています。またマーケティングオートメーションのツール開発も積極的に行われているのですが、日本ではいまだ確固たる成功例が見られないという事も言われています。

アメリカの企業を見てみると、マーケティング施策について力を入れたいものにマーケティングオートメーションが挙げられています。しかし日本ではやっとここ数年、マーケティングオートメーションという言葉を聞くようになったばかりという印象です。

手段についても大きな差があり、アメリカでは日本と違い、ホームページ、SEO、ウェブ施策といった面が注目されており、行っていくべきこととして上位に挙がっています。認知度に関しても大きな開きがあり、最近は日本でもよく耳にするようになったのですが、アメリカの企業人はマーケティングオートメーションについて80%近くが理解しているといいます。もちろん、多くの企業がすでにマーケティングオートメーションを導入し、メールの配信やキャンペーンに関する促進等、多様に活用しています。

マーケティングオートメーションとは何か

ビジネスの世界では横文字やカタカナ言葉がよく使われているのですが、最近、マーケティングオートメーションという言葉もよく聞くようになりました。このマーケティングオートメーションという言葉はどういう意味なのかというと、マーケティングのプロセスの中で、実際に実行するべき作業を自動化し、より効率よく業務が出来るようにすることを指します。

MAと表現されることも多いマーケティングオートメーションは、膨大な時間と手間がかかる作業をオートメーション化する事で、より効率よく業務を行っていくアイテムともいえます。顧客と企業がコミュニケーションをとるために利用するメールなどについては、膨大な数があり、これをデータ化する場合、年齢、地域、プラットフォームなどを分別し、そこからデータを作るという作業が必要で、かなりの時間を要しますし、人材も必要、煩雑な作業をこなさなくてはなりません。

しかしこのプロセスを自動化できれば、余計な時間をかけることも、多くの人を要する事も必要なくなり、業務におけるコストカットにもつながるのです。

営業などの分野では、既存客の把握や、新規顧客の開発など、営業活動のためにデータが必要となります。またアポの管理やスケジュール、またリスト、編集など、通常の営業業務よりも、裏作業の方がずっと大変という事もあるのです。営業分野などでは、かなりマーケティングオートメーションがモノを言っていることもあり多くの企業が注目するツールとなっています。

当サイトは、マーケティングオートメーションをアメリカではどのようにとらえているのか?という事を紹介します。当サイトがマーケティングオートメーションの理解へ少しでも役立つことが出来れば幸いです。