効率よく利用するために

現在では、日本でも少しずつマーケティングオートメーションを利用するという企業が出てきて、上手く活用できるところまで来ているという所もあります。この先、知名度やシェアに関しても広がっていくと想定されますが、まだまだアメリカと比較すると、認知度も活用範囲も狭いと案じます。

現代、アメリカはマーケティングオートメーションを利用している企業が多く、利用していない企業の比較では、2倍以上がマーケティングオートメーションを利用しており、また、利用してからのマーケティング活動については、業務の効率化も2倍以上の成績となっているといいます。多くの企業がマーケティングオートメーションのツールの利用が業務にプラスになっていると感じ、利用していない企業でも、6割の企業が、この先導入予定としています。

もちろんマーケティングオートメーションのツールを導入するだけでは、上手く活用する事が出来ません。内容を把握し、自分の企業でどのように活用できるかをしっかり考える必用があるのです。アメリカの企業でも、目的意識をもってツールを利用する事で業績の向上につながっています。日本もこの先、さらにマーケティングオートメーションツールを利用する企業が多くなっていくと想定されますが、より効率のいい業務となるように、内容と自社業務へ活かし方をよく考えていただきたいです。