アメリカのマーケティングオートメーションの目的

日本の場合、マーケティングオートメーションの目的は、マーケティング活動の最適化と以下、顧客へのアプローチ、見込み客へのアプローチやコストダウン、高いリード熟成という部分です。アメリカではマーケティングオートメーションをどう利用しようと考えているのかというと、多くの企業が、獲得したリードをセグメントごとの管理に役立てる、マーケティングの業務効率の向上、リードの質を向上させるといった点です。

日本の企業はマーケティングオートメーションのメリットとして、マーケティング業務の面倒な部分、時間のかかる部分を効率化できるという点で、手間やコストがかかりすぎるマーケティングについて有効活用できると考えています。

アメリカでは、もちろんマーケティングの効率化がありますが、見込み客の管理、獲得という点についてもマーケティングオートメーションの有効性を感じていて、特徴的なのは、売るため、販売のための施策全般に利用するという事が主軸で、見込み客の確保という部分については、別の活動として捉えている点です。目的も利用価値も日本とアメリカでは認識に差があるという事がわかります。

日本ではマーケティングオートメーションを知っているという所が少ないという点もあり、総合的にどのような目的で利用できるのか模索中という感じもあります。