認知度の差が大きい

ウェブの世界、と国マーケティングの世界では、新しい技術などもどんどん取り入れられていて、その多くがアメリカで生まれています。日本でもマーケティングオートメーションは、非常に注目されているのですが、アメリアでは既に当たり前のようにマーケティングオートメーションが利用されています。またマーケティングオートメーションのツール開発も積極的に行われているのですが、日本ではいまだ確固たる成功例が見られないという事も言われています。

アメリカの企業を見てみると、マーケティング施策について力を入れたいものにマーケティングオートメーションが挙げられています。しかし日本ではやっとここ数年、マーケティングオートメーションという言葉を聞くようになったばかりという印象です。

手段についても大きな差があり、アメリカでは日本と違い、ホームページ、SEO、ウェブ施策といった面が注目されており、行っていくべきこととして上位に挙がっています。認知度に関しても大きな開きがあり、最近は日本でもよく耳にするようになったのですが、アメリカの企業人はマーケティングオートメーションについて80%近くが理解しているといいます。もちろん、多くの企業がすでにマーケティングオートメーションを導入し、メールの配信やキャンペーンに関する促進等、多様に活用しています。